顔の脂漏性皮膚炎を治す方法や化粧品

脂漏性皮膚炎で顔から粉がふく

顔の脂漏性皮膚炎の粉ふきを治すには?

 

顔の脂漏性皮膚炎の症状には
粉ふきもよく見られる症状です。

 

 

頬や口周り、小鼻の周辺に粉をふく人が多く、
人によっては額など顔全体が粉を吹く人もいるようです。

 

 

私も顔の脂漏背皮膚炎が一番酷かった頃は
小鼻の周りや口周り、顎などに粉ふきが起きました。
ガサガサして皮剥けなどもありました。

 

 

特に洗顔した後が酷かったです。
そして洗顔してから1時間くらいは粉吹きで乾燥するのに、
その後は時間が経つにつれ脂が出てテカテカになっていきます。

 

 

顔の脂漏性皮膚炎になる人にはこういった
インナードライ肌(混合肌)の人が多いです。

 

 

そこで間違った対処法が化粧水や保湿クリームを塗ることです。

 

 

乾燥、粉ふきを防ぐ為に保湿が重要と考え、
化粧水や保湿クリーム、あるいは馬油やワセリンなどを
塗ってしまう人が多いのですが、それが
顔の脂漏背皮膚炎を悪化させる原因になります。

(ワセリン、馬油だと悪化しないですが治ることもありません)

 

 

塗った後や塗ったその日は肌が潤ったように感じ、
ガサガサや粉吹きの状態よりはよく見えるかもしれませんが、
肌の力を弱くしてしまい脂漏性皮膚炎を悪化させます。

 

 

顔の脂漏性皮膚炎を治すにはこちらがおすすめです。

 

>> 顔の脂漏性皮膚炎が治ったスキンケア方法

 

 

短期的に見たら保湿したほうがよく見えるものですが、
後のこと、治すことを考えると保湿はしないほうがいいのです。

 

上で紹介するスキンケア方法を実践していけば、
粉ふきや乾燥もなくなり脂漏性皮膚炎を治せるはずです。

 

 

トップへ戻る