脂漏性皮膚炎の場合のお化粧はパウダーファンデーション

顔の脂漏性皮膚炎を治す為にはできるだけ
化粧(メイク)はしないことをおすすめします。

 

化粧(メイク)することは肌に負担がかかるので、
肌力が落ちて脂漏性皮膚炎が悪化する原因になるからです。

 

なので、女性の方の場合でも外出しない日は化粧(メイク)はしないなど、
出来るだけ化粧をしない日を増やすことをおすすめします。

 

それでも、化粧(メイク)が必要な人もいると思います。

 

むしろ

 

「脂漏性皮膚炎だからこそ化粧(メイク)で少しでも肌を綺麗に見せたい」

 

と考えるものですよね。

 

顔に脂漏性皮膚炎の症状が出ている時にお化粧(メイク)する場合は、
出来るだけ肌に負担がかからないようにするようにしましょう。

 

ファンデーションはパウダーファンデーションを使う

 

ファンデーションを使うのであればパウダーファンデーションがおすすめです。
パウダーファンデーションなら肌への負担が少ないからです。

 

例えばリキッドファンデーションだったりBBクリームを使えばより肌は綺麗に見えますし、
脂漏性皮膚炎による顔の赤みなどもより目立たなくさせることが可能です。

 

確かにその時だけはパウダーファンデーションを使うよりも
リキッドファンデーションやBBクリームを使ったほうが肌綺麗に見せられるかもしれません。

 

しかし、長い目で見るとリキッドファンデーションやBBクリームは肌への負担、
ダメージが大きいので肌力は落ち脂漏性皮膚炎が悪化の原因となります。

 

リキッドファンデーションやBBクリームにはパウダーファンデーションに比べて
合成界面活性剤や防腐剤などの添加物が多く含まれているからです。

 

BBクリームは美容液やUVケアなどの効果もあるとされますが、
そういった成分が含まれているのはかえって肌へダメージを与えてしまい
脂漏性皮膚炎へは逆効果になってしまいます。

 

なので、長い目で見ていけば化粧するなら
パウダーファンデーションを使うことをおすすめします。

 

無添加のパウダーファンデーションがおすすめ

 

パウダーファンデーションの中でも出来るだけ
添加物が含まれていないものを選ぶことが大事です。

 

おすすめはVINTORTEの無添加パウダーファンデーションの
ミネラルシルクファンデーションです。

 

脂漏性皮膚炎 メイク

 

このファンデーションなら無添加なのでより肌に負担をかけずに化粧(メイク)できます。
メイク落とし不要で石鹸で落とせるという意味でも肌に負担をかけないので
脂漏性皮膚炎の人にとって最適とも言えるファンデーションとなります。

 

顔の脂漏性皮膚炎で悩んでいて、化粧(メイク)が必要という方は
ミネラルシルクファンデーションを試してみてください。

 

>> ミネラルファンデーション【VINTORTE】の詳細はこちら ミネラルファンデーション

 

休みの日など、出来るだけ化粧(メイク)しない人増やし、
化粧する時も出来る限り肌に負担をかけないことを意識しましょう。

 

 

 

トップへ戻る